通関士の資格と近い資格〜貿易実務検定と比べてみる

企業は採用を検討するときに、実務経験を重視するようになっています。確かに机の上で学んだ抽象的な知識だけでは、現場で即戦力になれるとは限りません。しかし、持っている資格が多ければ多いほど、就職の際にアピールできることは確かです。どんな仕事につくとしても、勉強することは一生続くこと。もし、複数の資格があれば、企業は少なくともあなたが向上心のある人間であることがわかり、一定のアピールになることは確かです。そして、どうせ試験を受けるなら、限りある時間とエネルギーを有効に活用しましょう。ダブルライセンスを目指すのです。ここでは、通関士と貿易実務検定のダブルライセンスは合理的な選択なのかをみてみましょう。

結論から言いますと、この2つの資格を一緒に取得することはおすすめです。なぜなら、学ぶ内容は非常に近いですし、相互に補い合うものだからです。また、就職する際にもどちらかだけよりも、両方あれば他の就職希望者とも差別化をはかることができます。貿易実務検定を学べば、貿易の大きな流れ、貿易に関する実務的な知識を全体的に把握することができます。その理解が通関士の勉強にもバックボーンを与えることになります。

商社で働くとしても、流通業界で働くとしても、この2つがあれば、実際に働きはじめてからも、安心です。結局のところ、知識は理解を前提にしているものなので、しっかりした貿易に関する理解がなければ、積み上げていくことは難しいのです。ですから、これから通関士を目指す方には、貿易実務検定も一緒に取得することを検討することをおすすめいたします。