通関士の資格と近い資格〜海事代理士と比べてみる

資格試験を始めるにはそれなりの決断が必要です。なぜなら、自分の時間やエネルギーをそこに費やすことになるからです。投下した時間やエネルギーはあとになっては取り返すことができません。ですから、賢明に用いる必要があるわけです。通関士の試験を目指している方も、もし漠然とこの資格を取ろうと思っているだけなら、時間やエネルギーを無駄にしてしまうことになりかねません。他の資格と比較考慮するときに、自分が本当にこの資格を目指したいのか、その動機を見つめなおすことになります。以下では海事代理士という資格と比較してみることにしましょう。

どちらも業務の本拠地を海や港湾である、という点では海事代理士もやや似た面を持っているということができます。ただ、業務内容としては海事代理士は行政書士や社会保険労務士に近似しているといえるかもしれません。なぜなら、海事代理士は漁師が業務を開始する際に関係する書類、例えば船舶の登記や船員の労務処理などを担当するからです。貿易業務とはあまり大きな関係がない、というのが業務の実態です。

また、海事代理士の多くのは独立開業をするのが実際ですが、通関士の独立開業はほとんどありえず、会社や海運業者といった組織の中で就職することになります。そういう点でも大きな違いがあると言えそうです。こうやってみると、「海が好き」というだけでなく、「世界と繋がるスケールの大きな仕事がしたい」という方には通関士の資格を目指していただきたいと思います。そうした明確なイメージが辛い試験勉強に耐えるエネルギーにもなるのです。